2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2020年03月19日

コロナの影響

福岡空港には遅れもなく到着し、チェックインカウンターが開く前だが行列は20人程度しか並んでなかった。

いつもは列が履けるまで待つのだが、20人程度なら並んでも苦にならない。

普段の繫盛期なら100人越えの人数が、チェックインが開く前に並ぶ長蛇の列だからだ。


マスクで防護したCAが最近の中国渡航があるかどうかとパスポートチェック等をしてきた。

やはりコロナを警戒しているのだろうが、自分は発熱も咳き込むこともない。


なのであまり待つこともなく荷物もX線を通り、チェックンも問題なく。

フィリピンへ行く便は地方からも直行便が出ているのが楽だ。


そしてやはりガラガラで人が並んでいない手荷物検査も普通に通って、やはり人が数名のイミグレも問題なく突破。


最近日本の空港を出る人(日本人に限り?)は日本出国スタンプや日本帰国スタンプさえ押されないようす。簡略化したようだ。

2019年ごろから日本の出入国のスタンプが自分のパスポートにはおされてない。


家を出る前に探したプライオリティパスも見つけれなかったが、楽天のプレミアムカードを持っているのでラウンジは利用可能。

大韓空港の航空ラウンジなどいつも閉まっているので意味がないのだ。

なるべくジュースだけでコーラを避けて(カフェイン入りの飲料を飲むと、機内で眠れなくなる)。



定時に飛行機に乗った。


バタバタして忙しかったが、日本にいる間も気まぐれにメッセージが来るフィリピンのladyboyからステイするホテルやマニラに着く時間を教えろと、メッセンジャーやLINEが来る。

仕方ないので連絡はした。

そのあとは機内で電波が届くまではスマホをいじり、


フライト。


上空で自動操縦に切り替わるとシートベルトサインが消えるので座席全面のテーブルを下ろし、自分はSIMを日本の物からフィリピンの物に入れ替える。

リロードを現地ですればどうにかなるだろう。


あまり寝ることもできずマニラには4時間のフライトでたどり着く。

7時間フライト時間がかかるタイよりは地理的に近い。


マニラのニノイ・アキノ空港内にあったリロードできるカウンターでリロード(何故か2日しか出来ない)し、ターミナル3には時間的に黄色のタクシーがなく、白のタクシーでかなりぼったくられた料金でエルミタに着いた。

高額なのは分かっていたが他に方法がない。

今後はマニラに着いたらマニラには寄らずにターミナル3から一気にアンヘレスに向かうのがよさそうだ。色々考えるとその方が安い。




posted by STREET・F at 02:28 | Comment(0) | 2020年 3月 フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。