2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2019年12月30日

ナシゴレンを喰って、猫と遊ぶ

PDFからの情報によりとあるバーに行って、そこを出た。

屋台っぽい店がいくつかあるので、自分はそこで唯一知っているインドネシア料理のナシゴレンを注文してみた。

料理を待っている間に自分の足元に子猫が2匹寄ってきた。



P9040016.JPG




自分は犬や猫は大好きだし。犬や猫にも好かれる性質。

犬は海外では番犬役なので、近づきすぎると吠えられるが、そうでもない愛玩用の犬は自分を見ると寄ってくるし。嬉しい時は尻尾を振るのでよくわかる。

猫にも好かれる自分は、猫は自分を見ると寄ってくる。

足もとに居るので両足に体をスリよせてくる。

一匹の首の後ろをつかみ。座っている自分の太ももに乗せると、頭をこすりつけて相手をしてくれと甘え出す。


ナシゴレンが届いたので食べてみたが、味はウーン、と言った感じ。

味付けが薄いのか塩が足りないのか、対しておいしいものとは思わなかった。バリなど他のインドネシアに行っている人は何を食べているのだろう?子連れの家族とかも多そうだが。


まあコンビもあるので食事に困ることはそうそうなさそうだった。


食事をしていたのでひざに乗っていた子猫を机に上げる。



P9040014.JPG




自分が食べてているものの匂いを嗅いだが、あまり食べたくなかったようで猫が手をつけることはなかった。



P9040015.JPG




端に乗っている何かよくわからにもののチップスは食べていたようだが、それ以外は一切口にしない。

柔らかいが何かを揚げたようなチップスのようなものを食べる猫



P9040013.JPG




だが人間が食べている物に猫が食べるのは禁止なのか。近くに居た女が猫を抱えて近くにある車の荷台に運ばれて行った。


そのあと美味しくもないナシゴレンをとりあえず完食し、タクシーでホテルまで帰った。






posted by STREET・F at 18:01 | Comment(2) | 2019年 9月 ジャカルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。