2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2019年10月07日

LAカフェ、ビリヤードで長時間遊ぶ。

この時抑えたホテルは周りにやたらとKTVがあるホテルだが、あまりKTVに自分は興味がない。

ゆるーくまったりとバーに居て、暇つぶしにビリヤード等をゆっくりやった方が楽しめるのが自分。

だからフィリピンにもあるGOGObarもなかなか行こうとしない。

それしかないサバンビーチなどはそこに行くこともあるが。最近アンヘレスもGOGOではなくバーに溜まって女の子と話したりビリヤードすることが多かった。



この時泊ったホテルは割と設備が整っていて、使わないがキッチンや食器棚には皿なども常備してある。

部屋もリビングと寝室が別れていてテレビは寝室だがソファーやテーブルが居室というちょっと分からない区分けがされている。

さらに割と一人用としては広いし、ベッドは二人用のおおきなダブルサイズ、というかクイーンサイズが寝室の中央に置かれていた。


オクタゴンマンションという名前だったので、自分のように短期ではなく長期滞在用を目的として作られたのかもしれない。



ホテルにチェックインしてから、まずはロビンソンに行く。

以前から使うフィリピンSIMにリロードしたいのだが、アンヘレスの携帯ショップで簡単にできたリロードがここではできない。

何故かはわからないが、自分のフィリピンSIMには携帯番号の刻印がされてない。

なので仕方なくロビンソンのショップで別のSIMを購入した。今度のSIMは携帯番号が刻印されているので、今後も簡単にリロードできるだろう。番号は変わってしまったがアンヘレスもマニラも一年もせず顔ぶれが変わってしまう。刹那的な出会いが多い自分にはこれで十分だろう。


なにせフィリピンはともかく。タイは毎回ツーリストSIMで帰国後も連絡を取りたいならLINEとかメッセンジャーで繋がっておく必要があるのだ。


一応新しいSIMを入れて、一度ホテルに戻る。

この時にフィリピンに到着したのは朝方だったために、充分時間はあった。

夜になりホテルから出るとレセプションに


女を拾いにロビンソンに行くのか?


とニヤニヤされながら聞かれたが自分はロビンソン前のマックに食べに行くと言った。

どうやらロビンソンで声をかけてくる女はそういう女という情報を測らずに得た。


そして言った通りロビンソン前のマックで適当なセットを食べ。

ロビンソンの前を大きく時計回りに迂回すると、近くにはLAカフェがある。

多少土地間がないので、グーグルマップでLAカフェを表示させながら道を歩く。

GPSが付いているので自分の場所、目的地も表示されて反映されるので非常にわかりやすい。


ロビンソン前の階段に女が6人ほど固まるように座っていた。


目の前を通るとやはり声をかけてくる。

しかしあまり可愛くないのと総じて太っているので、通り過ぎるだけ。自分の目的はLAカフェだ。



店に着いて中に入る。


中はやっぱり大盛況。GWの5/5等は韓国も連休に入るので客は多かった。

だがやはり多いのは欧米系。日本人単独は自分ぐらい。


中でコーラと適当な物を頼み口をつけていたが。先ほどマックを食べたのであまり進まない。

決してマズイわけではないが量が多すぎるので周りの女の子に分けてあげたりしていた。

するとバーの女の子が


女の子に飲み物でも奢ったら


と言ってくるがそれはかたくなに拒否する。

男が女に飲みものをおごると350Pかかるこのカフェのシステムは熟知している。

下手におごればGOGObarの何倍もの料金がかかるので。それはやめておこう。


奥の方に行き、客が密集せずにあいているビリヤード台がある部屋へ移動した。


そこにも可愛くはないが女がちらほら。

ビリヤードは1ゲーム40ペソの値段だとバーガールから説明を受け。

ボールの位置を調整してもらうと周りにいる女の子二人組の一人が相手をしてくれるという申し出。

なので2ゲームほどその女の子とビリヤードする。まあ実力は5分5分。2ゲームで一勝一敗。そこでもう一人の女の子が気になった。


俺「ビリヤードしないの?


女「ルールが分からないの


俺「大丈夫、教えてあげるから」と行って彼女にキューを握らせた。


そう言って自分の相手をしてくれた女の子に彼女に教えるようにお願いした。

彼女は初めてのようだが、ビリヤードが気に行った様子、なかなかポケットに入らなかったり。バウンスしたボールがポケットに入ったりをキャアキャア言って楽しんでいた。

まあ緊張を抜いて、まだビギナーな彼女を相手にするのも楽しかった。


この時気づいたが、ビリヤードは3連戦もすれば自分は疲れてしまう。

ビリヤードを楽しんだ後はLAカフェの入り口がある方の部屋に戻ったり休んだりして。バーの中に長時間いて楽しんだ。




posted by STREET・F at 02:09 | Comment(0) | 2019年 5月 フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。