2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2019年03月11日

体調不良に襲われる。

ヤワラートからホテルまで帰り、シャワー浴びてゴロゴロしていたら目が覚めたのは既に深夜すぎ。

夜の街がディスコを除き閉まってしまう夜中3時ぐらいにようやく体を起こす。

すべての夜の店は夜2時以降は閉まってしまう、開いているのはコンビニ、24時間営業のマック、後は屋台ぐらい。

遊び足りない人はディスコになど行くだろうが、3時過ぎといい時間なのでナナ前に行くことにした。


この年のお盆にはそこはアフリカン女性が多く客待ちをする場所だったのだが、規制が入ったのかアフリカン女性が一人も見かけない。

soi5あたりにわずか数人が溜まっているぐらいで、アフリカン女性が姿を消していた。


バンコクの物価の上がりようで、生活費を安く抑えたいアフリカンはパタヤに移動したのかも。



この時はタイに3日間、そのあとインドに行くので、滞在はバンコクだけ。パタヤに移動する気力もなかった。


またその日の夜に大きな吐き気に襲われ、ベッドからトイレまで近いのでトイレでかなり吐き続けた。

何か食べたものが悪かったのか、おそらくあまり衛生的でない路上のナナ前のナナバーガーが当たったようだった。

食べたのがTBLならぬTBO(最後がレタスでなくオニオン)なので火を通さない生の野菜にあたったのかも。


今まではナナバーガーでは火を通すチーズバーガーを食べるので当たらなかったかもしれないが。

タイで生の野菜を食べるときは気をつけないと。ただ生の果物やそれを砕いたシェイクなどはよく飲むのだが、タイでこういうものに当たるとは思わなかった。


最近海外で食べ物に当たることが多いな。

この年の5月はフィリピンでジアルジアを発症したし、その前の年の10月のフィリピンでも同じジアルジアをもらった。


老化して抵抗力が落ちたのかも。


なるべく清潔な食べ物を食べたいのだが、調理している人の手が衛生かどうかなど食べる側には判断できない。

腹を下し、さらに嘔吐も吐くものがなくなってからようやく収まる。


しかしこういった嘔吐と闘うのは体力を使ってしまうのだ。

後一泊後にはタイを出てインドに向かうのにこんなところで体調不良に当たるとは思いもしなかった。



おかげで疲れきってそのまま眠ってしまった。


さんざんな1日だった。







posted by STREET・F at 18:44 | Comment(0) | 2018年 12月 インド+タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。