2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2019年01月13日

soi6で長時間遊ぶ。

soi6を歩けば後ろから車が来るのに気がつかないため、車にひかれそうになるので、とりあえずsoi6-1を歩くと一件目のladyboyのバーガールに捕まった。



あまりかわいくないし顔もメイクだけ、胸はシリコンというladyboy。


スルーしてもいいのだがそのバーは客が一人も入ってなく、しかも中にはビリヤードの台がある。

こういう場末の場所の方がビリヤードを練習する場としては自分にはあっている。

目の前のladyboyもビリヤードをする練習相手としては最適だ。


しかもここのビリヤードは客に遊ぶために提供してあるので普通はかかる40バーツのゲーム代がかからないと言う。



その店で何度かそのlaydboy相手にビリヤードをした。

全敗してビールまでおごらされたが。ひさしぶりのパタヤで自分は気分が良かった。


この日がパタヤ初日で最終日までこのバーに毎日通ったが。結局彼女を持ち帰ったり上の部屋に行ったりはしなかった。

彼女としてはそれでお金を得たいのだろうが、あまり顔が綺麗ではなかったので。

なので野外での写真は大量に取っている。



_MG_0007.jpg




_MG_0009.jpg




露出度が高い服を好む、のではなく、それが簡単に男を誘うのでそんな恰好をしているのだろう。こんなポーズまで彼女は取る。



_MG_0012.jpg




他の日はさすがに服を変えてはいたが。

このバーは照明がなく店内も暗いためにISO感度を挙げても撮れた写真は暗い。

RAWで取ったため後で編集も効くのだがISOを上げ過ぎたためノイズが粗すぎて載せれない。


ダラダラ時間をつぶしたら既に夕方で日が落ちる時間帯になったのでsoi6-1からsoi6へ。



しかしこの時につけていたのは度入りのサングラス。

もはやサングラスの必要もない時間帯だがサングラスを外すと自分は視力が悪い。なので変だがサングラスをつけたままネオンだけのsoi6にいた。



DSC_0019.JPG




時間帯を気につけて、暗くなるころにsoi6で遊ぶには使い捨てのコンタクトにつけ替えた方がいいだろう。


そんな中でもsoi6で撮影をする。

撮影に緩いのか、何枚か撮ったが。どれもストロボで光を確保しないため、ISO感度を最大に挙げてもここまでしか明るくならない。



_MG_0013.jpg




バーガールを撮っていても、暗くて何が写っているかわからないのか特に注意されない。



_MG_0014.jpg




水着や全裸で踊るGOGOではないからか、soi6等のビアバーは写真撮影に緩いのが好きだ。


バーガール二人と自分↓



_MG_0016.jpg




それもサングラスでここにいるにはかなり見づらくなっていたのでsoi8のホテルに帰った。







posted by STREET・F at 08:48 | Comment(0) | 2018年 8月 タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。