2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2018年09月08日

セブ旅行への準備

年始にタイから帰国してから、次のGWの旅行の予定を考えた。

一月が始まり4月の末まで。

このスパンの期間が一番長いが、冬は自分がもっとも体が動く季節。

なにせ日本ではこの時期にしかスノーボードは出来ない。毎週のように土曜・日曜はゲレンデへ向かい早朝から滑り。昼には帰宅するようにしていた。

自分はスキー場の年間フリーパスを持っているので時間はもっと遅く、長く取れるのだが、時間がたてばたつほど駐車場はスキー場から遠くなってしまうのでスキー場が開く30分前までには駐車場に車を止めて、車の中で待つのが自分スタイル。


で、昼にはスキー場を出て3時ごろに帰宅すると翌日まで響かない。

これが賢い使い方でもある。スキー場まで車で片道2時間半もかかる僻地に住んでいるので。



それは置いといてGWの旅程。タイは数年前から中国人ばかりだし、物価の上がり方がハンパナイ。

本来はタイの物価上昇+日本円の価値低下のWパンチなので日本人には痛いだけ。

まだ不況から脱してないのに国民の意見を無視する自民党は、何度も過去最高の予算案を更新し続けている。一兆円規模の無駄な建物を作るよりはもっと税金を安くするべきだ。

出国税もかかるようになった。


そこで何度か候補に出ていたセブは?とかんがえた。

フィリピン自体も出国税はかかるが、それを払ってもフィリピンはそれだけも見返りがある。

綺麗な海と綺麗な自然がのこっていつつ、アジアの混沌とした部分も混在する。

で、以前ビーチリゾートをしたプエルトガレラを思い出し。今度は世界的に有名なセブ島に行ってみようと考えた。

他にもボラカイ、コロン、エルニドと有名なビーチリゾートや離島はあるのだが、行き先はセブに絞って、その中で行ける範囲を調べてみた。


セブといいつつ、空港があるのはマクタン、ただマクタンは高級リゾート地でホテル内で食事も何もかもできるようなもの、当然値段も高いのでビーチと言えばダイビングが主流の自分にはマクタンに泊るつもりはない。

セブの東側にはボホールという島があり。そこから陸続きのバングラオに行けば綺麗な海。バリカサグがあると言うはなし。

さらにセブ島からマクタンを見て反対側、島の西側にはモアルボアルというこれまた綺麗なビーチがあるので、そこもダイバーにとってはメッカらしい。

バングラオ、モアルボアル、両方に行けば、ちょっとした強行軍になるだろうが、自分にとってセブは初めて。

手始めに両方行っていい方に次回からのセブ旅行は長期滞在してもよさそうということで。

セブ(到着日)1泊→バングラオ2泊→モアルボアル2泊→セブ1泊→帰国
という大まかな旅程を立てた。今後はセブ+アンヘレスという変則的な旅行もできるかもしれない。


次はエアチケットをとる。

成田からバニラに乗ることも考えたが。地方から仁川乗り換えなら、長時間乗り換えに目をつぶれば、その方が家近くの空港からなので、どうにかなる。

ただT-way空港では日本帰国の便だけ表示されない。なのでスカイスキャナーで表示したところ、やたらと高い。

あとで知ったことだが自分の帰国日の5/5近くの土曜日は韓国でも祭日らしく。

それもあってか飛行機の値段が高かった。

まあGWのさなかの日本国内線も値段は高くなるし。成田からセブ直行が異様に高い。


仁川からセブ直行の方が2万円もやすいのだ。

ということでセブから帰り。仁川に2泊して帰国。というちょっと無駄が多い旅行になった。






posted by STREET・F at 17:59 | Comment(0) | 2018年 5月 セブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。