2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2018年08月08日

年末年始の風景

去年は年末年始はパタヤで過ごしたが、今回はバンコクで過ごす。

なぜ値段が安く快適なパタヤに移動しないかは。バンコクはバンコクで面白い出会いが毎回あるから。魅力が絶えない街なのだ。

日本で働かなくていいなら日本人のノービザ期限いっぱい2ヶ月間(1カ月+一か月延長可能)タイに滞在してみたい。

だがそうはいかないのが休みがとにかく少ない日本の事情。


働き方改革で残業は減るが休みは増えない。となると減ったのは残業代ではいる給料だけ。

政府の手法は何もかも後手後手に回っている。

有効な手段が何もできない。少子高齢化は止まらないし。選挙率が低いのも当たり前。どこが政権を取ろうと日本は変わらないので。

激薬と言われたマイナス金利政策も、金持ちは金融機関でなく、自宅に金庫を買って貯蓄に回り。消費に走らない。

なぜ日本人の消費が活発化しないか。それは政策に無理があり、将来に不安があるから貯蓄に回るのだ。

例えば一時的に税収が減るとはいえ消費税を減税したりゼロにすると、一気に消費が加速するだろう。「また消費税が上がる前に今のうちに買い物をしよう」と誰もが思うはず。


なのに毎年毎年政府予算は増えるだけ、それを税金で賄おうとしている。
つけが回ってくるのは政府ではなく日本国民なのだ。

国債の借金ラインキング1位の日本は将来性が見込めない。

そのうち中国だけでなく。韓国。インド。東南アジアにも日本はぬかされて行くだろう。



タイの物価が高くなったとはいえ。ちょっと工夫をすればまだまだ安く過ごせるのを知らない日本人は多い。それは後ほど別記事で紹介する。


クリスマスは過ぎたとはいえ。ツリーはまだ残っていて、一月が過ぎるまでこのままだったりする。
日本特有の”しめ縄を飾る”文化がないのでツリーはこのままの場所が多い。



2018_0101_154317-P1010413.jpg




上記とは別の場所のツリーだが。夜は綺麗にライトアップされる。


2018_0102_002104-P1020449.jpg




MBKまで行くのも遠いので歩いてすぐのターミナル21に行ってみる。日本文化がグランドフロアーにも入っていた。


2017_1231_163804-PC310093.jpg



ダイソーがあるが入ってみる気はしない。

さて昼は適当にダラダラ過ごし。夜の観光に備えることにした。


夜遊びのコツもこのあと記載しよう。





posted by STREET・F at 17:41 | Comment(0) | 2017年 12月 バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。