2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2017年12月16日

ロシア乗り継ぎ。

ターミナルも違うし、日本や他の国と比べ歩く歩道がないので、かなり長く歩く羽目となった。

しかも途中で荷物検査が少ない通りを通るために大渋滞。

暑い夏に避暑も兼ねてロシアへ行く人も多いのだろう。やたら多いのがロシア系だがロシアの空港表記は英語・ロシア語となぜか中国語で数秒おきに文字が変換される。

どこでも中国人が幅を利かせているのだと思った。

それとも10億の人口に押されて外国語(英語)とかを覚えようとしない中国人の傲慢なやり方に対応したのかも。


まあいいか、割と搭乗口の近くの地下にあるラウンジへ。

プライオリティパスでも入れるラウンジだが、wifiが飛んでない。しかし充電はできるようだったので、手荷物からCタイプの変換プラグで充電できた。


そこでダラダラ時間をつぶす。やはり飲み物だけで食べ物がないのでイスタンブールの空港よりしょぼいかも。

日本人のバカな親のように子ずれでラウンジに入る人がいないだけマシだろう。


最近分かったのが夏は子連れのうるさい客はあまり国際線に乗らない。

夏の日本ならTDLとかUSJとかもハイシーズンだからだろう。

反面、東京の寒さでも冬は外に出たからず、そんな時期のイルミネーションもわざわざ見ようとする人も少なく、TDLよりは暖かい地方へ行こうとする家族連れが多いのかもしれない。

ヨーロッパは夏がハイシーズンなのでやはり夏に行くべき。

最近はバラマキ用のお土産も買うのが面倒なので、こっそり行って会社や同僚に話しもしない。

休暇中にどう過ごそうと個人の自由なので、そこまで深く追求はしないみたいだ。


ロシアのトランジットを過ぎてアテネまでもアエロフロート。

アテネの空港に着いたのは深夜すぎ。ここまでアエロフロートだが、アテネからミコノスへはAegean Airlines、別名Olympic Airとも言う、違う航空会社なのでアテネで一度入国を済ませて。次の早朝のミコノス行きまで空港内で過ごさなければいけない。

航空会社乗り継ぎの場合はトランジットできず、その間のラウンジ利用ができないので、不便。

ギリシア入国は済ませたものの、空港内はやたらと寒い!

夏の暑さを想定してユニクロの感動パンツというズボンを履いたために、逆に寒過ぎるという被害に合うことになった。

夏のギリシアがここまで寒いとは思わなかった。


posted by STREET・F at 13:45 | Comment(0) | 2017年 8月 ギリシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。