2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2016年07月20日

ビジネスクラスに乗れた!

チェックイン時に座席の希望を聞かれた。


どこでもいい


と答えたが、すぐに


通路側に


と指定し直した。

遠くへ飛ぶ便は飛行機の中の二つの通路をはさんで右側・中央・左側となるが。

どこも3席。

そういう場合は真ん中になると非常に窮屈。

なので一応通路側に指定。


窓側が長く寝られていいのだが、イスタンブールまでのフライトは短時間。

しかしCAは


イスタンブールまでの便で座席指定はできるが。イスタンブールからの座席指定はこちらではできません。

と言った。

まあこれは航空会社の指定なので仕方ない。


どちらにしろ、自分は帰国便では長時間寝るのでほとんど構わないのだ。

旅の初めは興奮と不安でなかなか眠れないものだが、帰国日は疲れ切っているので、飛行機内は寝るのが一番。


イミグレーションも皆並ぶ。

シェンゲン協定の国は人の行き来も自由だが、乗るフライトはイスタンブールへ着く便。

イスタンブールはシェンゲン協定でもないし、ユーロにも入って無い。

トルコとしてはユーロに入りたいらしいのだが……。


なのでスペインの人が行く場合もパスポートは必要らしい。

帰りの便はイスタンブールで7時間の待ちだが、それも夜着、早朝便なので街まで出る余裕はなく、無駄にお金を使うのが嫌だったので、ラウンジでしばらくいようと思った。


そう思いつつ飛行機へのゲートが開くのを待った。

どうせゲートが開く前も長蛇の列になり、すでにチケットは手にしているので、もはや並ぶ必要が無く。

それがはけるまで時間がかかるだろうと思ったからだ。

ゲート前は椅子も大量にあるし。


案の定、予想通りの長蛇の列になった。



2015_0605_202915-IMG_4417.jpg




人がはけてからゆっくりチェクインした。

ゲートをくぐって長く伸びる飛行機への通路を歩いていた。


ふと後ろから自分の名前を呼ばれた気がして振り返り、歩いて戻る。

するとCAから何がしか言われて別のチケットを渡される。

オーバーブッキングか何かの理由でビジネスクラスに座れることになった。

チェックインの際に、あとで通路側を指定したらからだろうか、もしくは別の客の都合でどうなったかはわからないが、説明も何もないのでラッキーだったと考えるべきだろう。


こんな上のグレードには座ったことが無い。

貧乏症の自分は常にエコノミークラスだ。

なので珍しくて写真を撮る。



2015_0605_204253-IMG_4422.jpg




珍しいのは隣の席の間にもドリンクサービスのカップを置く台があり、機内サービスの食事が豪華で、テーブルが同じく肘掛けに収納されているところ。


自分が乗った後も続々と人が乗ってくる。


乗ってきた野性的な美女。



2015_0605_204428-IMG_4430.jpg




乗ってきたムスリム。



2015_0605_204437-IMG_4432.jpg




出発してしばらくすると、エコノミーとは違いワンランク上の食事が出された。



2015_0605_221407-IMG_4436.jpg




昼に出たので夕方ぐらいにはイスタンブールの空港に到着。

マラガからイスタンブールは近いので4時間ぐらいで到着。


ここから乗り換えは7時間の待ち時間になるのだが。

夜は公共交通期間がタクシーぐらいしかないのと、外に出ても観光すらできない。

無駄にお金を使うのが嫌なのとトルコの入国スタンプが欲しいわけでもないので、ラウンジにて7時間過ごす。

大きなキャリーは成田までスルーしているのでサブバック一つでゆっくりとしたソファーに座れる、

飲み食いもしたが、少しウトウトもしつつ、寝てしまったが一時間程度。


そしてターキッシュエアラインで成田行きの飛行機に乗った。

イスタンブールから成田まではエコノミーのまま。

どうせなら長時間飛行のイスタンブール−成田間をビジネスにしてほしかった。


その飛行機では旅行の疲れもあり、ゆっくりと爆睡。


機内に居る間に上等のサービスを受けれた。

寝ている間に一切起こされなかったこと。

中国系等は寝ていてもドリンクサービスで起こされる。

しかしターキッシュエアラインでは乗客が寝ているとそっとしておいてくれた。

起きると自分の座席の間に水の小さいボトルが2本。

2回ほどのドリンクサービスの間も爆睡していたことになる。

途中ファランの小さい男の子が泣きわめいたが、短時間で泣きやんだ。

そこからは目も覚めて、成田空港に無事着いた。

入国も日本人なので問題なくスルー。

改めて空港に降り立った。

もう日本なんだなと実感。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。