2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2016年10月04日

タクシーから降ろされる

初日から失敗してしまった。

プーケットタウンに行ってもらうようにタクシーに乗ったが、自分はホテルの名前しか知らない、と行ってもらったがプーケットタウンも何もまったく知らないので、とりあえずプーケットタウンだが途中でタクシーを降ろされた。

ホテルの名前を行ったが、新しいホテルのようで、どうやらタクシードライバーも知らないようだった。

これ以降バウチャーはたとえ面倒でもどこの国に行くのにも必要だと思った。

普段は仁川経由で行けばアシアナ空港のラウンジ内で無料のプリントサービスもあるのでEチケット、ホテルバウチャーもそこでプリントアウトするのだが、今回は福岡から上海経由だったのだ。



その日以降、ホテルへ帰るのもほとんどのバイクドライバーがホテルの場所も知らないので、ホテルのレセプションでもらった地図に印をつけて行ってもらうことになった。


とりあえず降ろされたのは仕方が無いが、プーケットは何回も来たが、プーケットタウンの地理はまったくわからない。

近くにコンビニがあり、その前にバイクドライバーが何人かいるようなので、そこまで歩いていくと、途中にネットカフェがあった。


すでに深夜すぎていたが、開いていて、他の客もいたのでそこでヤフージャパンに接続。

そしてバウチャーをプリントアウト。


これでアドレスは分かったが、かと言ってまったく地理がわからない。

そこら辺に居たバイクに荷台をサイドにくくりつけた様な若い男女に話しをして、バウチャーを渡し載せていってもらった。

ようやく着いたホテルがこんな感じ。


2015_1229_001654-IMG_5520.jpg



名前は確かティント アット ホテル プーケットタウン。

ようやくチェクインできるかと思いきや、ホテルの日付を間違っていて、翌日14時までチェックインできないと言われた。

しかし疲れきって、重いキャリーを引きずって、大変な思いをしている。

すぐにでも寝たいので。

その場で一泊追加しようとしてもそれもできないと言われた。


こんなことならパトンビーチで一泊するべきだったと思ったが、すでに遅い。

近くのショッピングモールのカフェが24時間開いているよ。

と言われたのでキャリーバックをホテルに預け、そこへ。


2015_1229_002138-IMG_5525.jpg



店は開いてはいるが客はいない。

店員も一人だけでやる気なさそうにスマホをいじっていた。

まあここでコーヒーなどを頼んでその一杯で長く滞在させてもらう。

テーブル席のソファーで横になって充電しながらスマホをいじり時間つぶし。

今回の旅は何でこんな失敗から始まったのだろう。


そこで当初の目的を思い出した。

今回のプーケットの目的はAOW(アドバンスドオープンウォーター)の取得。

この年の8月にパタヤでOW(オープンウォーター)は取得した。

OW取得したら特に何本経験することもなく、すぐにAOWの取得が可能。

AOWは5つのスペシャリティがあり、そのうち2つの必須科目が“ダイブナビ”と“ディープダイブ”

このディープダイブがあれば、18Mしか潜れないOWに比べそれより深く潜れる。

ただし上がる前に海面から5mのところで安全停止が必要になる。

減圧症予防のため5分そこで停止した後に海面に浮上できる。


一度プーケットの夏、2014年8月にプーケットで潜ったことがあり、雨季だったが晴天に恵まれて視界20Mという素晴らしい海でのダイビングを楽しめたので。今回は乾季にということになった。

パタヤの海はOW取得の時に海亀に会えることに遭遇できたが、あの視界の悪さのパタヤの海ではとてもアドバンスまで取ることは考えられない。

ダイブの講習は丁寧だったのだが。

だがパトンビーチでなくプーケットタウンに泊ることにしたのは、プーケットタウンに宿泊したことが無かったから。

観光化したビーチ沿いもいいのだが、現地の人が大勢いる市場なども好きなのだ。


レセプションは親切でオススメのバー等も教えてくれたが、そこは本当にただの飲み屋でパタヤのバービアのような場所では無かった。

バーガールもいなかったし。




posted by STREET・F at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 12月 プーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。