2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2016年09月09日

仁川空港経由が楽

8月のタイ旅行が終わり、一ヶ月もせずに9月のSWに関して休みがある。

と言っても盆のような長い休みは取れずに有給を使って9日間の旅行。


自分はその中でも丸丸8日間しか旅行の休みが取れない。

なぜなら帰国日はクタクタ。

翌日せめて一泊は家で寝ていないと、翌朝の仕事は体に堪える。

もう歳ですね。老化はしたくないものだ。


本来、虚弱体質で、もう良いおっさんなのに体系が若い時の細いままで、しかも年々体重が減っていってる自分はスタミナが無いのが欠点だ。



しかし旅行が間近になると、気分が高揚するのは老化しても変わらない。


今回は時間や乗り換えを考慮して地元の空港から仁川経由、アンヘレス行きを取った。


なぜならフィリピンに行くのに治安が悪いマニラは避けたい。

マニラ−アンヘレス間の移動に時間を取られ、アンヘレス滞在だけをするならいっそのこと日本から一番近いハブ空港の仁川を使えば……と考えたのだ。


他でも散々書いているが、日本はJALとANAの独占だった歴史があり、航空事情が世界で稀に見るほど悪い。

福岡空港発のタイ直行便が毎日出るのが奇跡的なほど。


しかしフィリピンに行くには福岡から直行だとフィリピンエアラインしかなく、しかもマニラにしか着かない。

Jetstarで行こうとすると福岡から一度関空に降りて関空からマニラ直行便に乗らなければならない。

関空から乗れば4時間でフィリピンに着くがそれもマニラにしか着かない。


直でアンヘレス(クラーク空港)に行ける飛行機は日本には就航してないが、仁川や台北桃園国際空港にはなぜかある。


なので地元から飛行機で行けるハブ空港の仁川空港へ。

そこからアンヘレス行きの飛行機に乗る。


その方法だとまず移動時間に長く取られない。

福岡まで車を片道4時間も飛ばす必要もない。


何より移動時間を削り、滞在時間を長く取れるので、多少お金がかかっても時間が無いリーマンにはこちらの方が効率的、

マニラに寄らないので悪いことにも合いにくい。

こんな利点は他にない!


ってことで仁川経由アンヘレス行きに乗ることになった。

往路は2時間の乗り換え、ただし航空会社が違うので、一度入国する必要あり。

帰りは乗り継ぎに7時間ほどあるので、ソウルの東大門でも行って買いものでもして帰れば良いだろう。


出発日、家からタクシーで15分の地元空港へ。

無理すれば歩いても行ける距離なのだが
キャリーを引きずって……
9月の炎天下の中を空港まで歩いて……

の体力消耗を考えるとたかが1000円チョイの出費を惜しむ必要が無い。


ということで地元から仁川にあっさり到着。


2015_0919_185258-IMG_5156.jpg



そうそうこの空港内の列車移動が仁川にはある。


2015_0919_185314-IMG_5159.jpg



トランジットにも韓国入国にもこの列車移動が必要だが。

有利な点は列車の空港側、ゲート側、両方にアシアナ空港のラウンジがあること。

プライオリティパスを所持している自分は入室可能。


日本のショボイラウンジに比べ、高級感もあるし、食事も充実。

飲み物しかない成田空港とは比べ物にならないほど上級。

こんなところが日本が不便なところだろう。


トランジットだが別の航空会社に乗るため、荷物を受け取るために一度、韓国に入国しなければならない。

面倒だがイミグレの列に並ぶことにした。





posted by STREET・F at 05:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 9月 アンヘレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。