2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2015年11月07日

初めてのレンタカー

マラガ空港に着き、空港内を歩く。


入国のイミグレーションは大混雑なのに係員がわずか4名で、しかもかなり狭い通路だった。

自分が日本人だからか、何の質問もなく入国スタンプが押される。

昔からだが、ヨーロッパの入国スタンプは黒の縁どりに、入国した日付だけ赤。

下には小さくマラガという文字。

入出国カードも必要無い。

ちょっと味気ない。


パスポートはそのまま手に持ち、一階の空港の出口付近、

一階に降りた途端に空港内は真っ暗。

外が明るい時間帯だが、昼間とはいえ空港内の明かりがないので空港内は暗かった。

日本では外が明るかろうが建物内は明かりがついているのが当たり前なのだが、ここでは違うのだろうか。


しかしそのおかげで明るいものは見えやすい。

レンタカー会社が集まっている看板があった。


2015_0531_201805-IMG_0059.jpg



本来レンタカー会社は先に予約を入れるのが望ましい。

楽天カードは海外のレンタカーでもハーツレンタカーだとポイントなどで優遇しくれるが、スペイン国内でハーツを調べたところ、バルセロナの4店しかオンライン予約ができず、当然無いものは予約できないのでマラガの予約などもできない。


まあ、レンタカーなど現地で飛び込みでも借りれるさ。

と思い飛び込みで行ったが、マラガの空港にもハーツのレンタカー会社はあった。


そこでハーツでレンタカーをしようと思ったが、なぜか楽天カード(VISA)で審査が通らない。

レンタカー会社が何度か試してみたが、クレジットの認証ができないと言われる。


しかし空港に着いたばかりなので、スペインのSIMカードも入れておらず、国際通話にしているものの、繋がらない。

電話代がかかるのも嫌なので、隣にあるエウロペカーとか言うレンタカー会社で支払いをクレジットカードにすると問題なく借りれた。


何なんだろうこのクレジットカードは。


会社によって認証できなかったりするのだろうか。


レンタカーを借りるときは日本の免許所センターで注意を受けていたように、

国外免許証と日本国内での免許証二つの提示が必要だった。


レンタカーの説明は色々と英語でしてくれる。


大きい車とコンパクトカーを聞かれたが、スペインの細い道を通ることも危惧して、コンパクトカー、するとディーゼル車になった。

それほどパワーは必要としないので、ディーゼルでも構わないが、ディーゼル車に乗るのは初めて。

GPS付き(カーナビ)でガソリンもはじめから入っている車を頼み、保険もすべてつける。

あまり運転が得意でないうえに初めての左ハンドル。

右側通行なのだ。

交通ルールも全部違うのかも。

保険はフルで付けていたほうが望ましい。


最後の「なにか(交通事故など)あったら連絡するように。」と電話番号と担当してくれたお姉さんの名前を書いたメモを渡された。

イザベルというスペインの情熱的を感じさせる名前だった。


そしてキー(カードタイプを運転席と助手席の間にあるカーナビの下に差しこむタイプ)と証明証を受け取り、レンタカーが多く置いてある空港直結の駐車場へ。

空港内の駐車場へ行く時はガードマンにその証明書を見せる必要があり、空港の駐車場内であちこちを歩き、いろんな人に場所を聞きまくって、ようやく車に到着。

エウロペカーのカウンターがあり、車はカウンターの近くなのでカードにあるロックかアンロックを押せば車がわかると言ってくれた。


乗った車はこちら。


2015_0601_020646-IMG_0093.jpg



あとで一泊目のホテル付近に駐車して取った写真。

コンパクトだがけっこうお洒落。

なかなか良い車。


帰国後に気付いたが、自分が車に乗って運転席に座っている写真は無いです。

慣れない右側通行に苦戦しながらようやく空港を出たころにはかなりの疲れがあった。


GPSは日本語もあったが、面倒だったので英語のまま使用。

一泊目は空港と同じマラガの街にホテルを押さえているためにナビに従い、そこへ向かうことにした。


海外でレンタカーを借りてみたいと思った方は
↓にクリック。


にほんブログ村

スペイン旅行 ブログランキングへ


posted by STREET・F at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 6月 スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。