2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2020年09月25日

アンヘレスに帰ってきた

スービックを離れ、アンヘレスに帰ってきたが、泊るホテルはいつものホテルではなく

別のホテル。

フィールズアベニューの中ほどにあるロイヤルアムステルダムと言うホテルに泊った。

なぜならいつものホテルはこの時改装中なのか。3階にいる自分の部屋に出さえ2階の工事の音が鳴り響いて、朝のけだるいが心地いい気持ちを壊されるからだ。


今でも巨乳のホテルで働くお姉さんから今GOGOはすべて閉まっているとか日本で首相が切り替わったとかそういうニュースがフィリピンで流れていると、気まぐれに連絡が来る。

真っ当なホテルの仕事でほぼ自分が女の子を連れ帰っていることも知っているのだが、次にアンヘレスへ行けるようになれば、どうにか説得して部屋に連れ込みたい。それほど巨乳の女の子なのだ。顔も割と綺麗なタイプ。

日中まともな仕事をして夜に臨時収入のためフィールズアベニューに来る女の子もいるので、ホテルの女の子もその気になれば持ちこめるのかもしれない、という淡い思いもある、

嫌がられたら辞めればいいだけで、そこまで強引な気もしない。


ただここはフィールズアベニューの中なので、以前のようにホテルへの帰り道でスリに襲われることもなさそうだ。


ホテルの部屋ではwifiがなかなかつながらなかったのでフロントに言ったらすぐに繋がるようにしてくれた。

ただ窓が小さくベランダに出れるような窓ではないので、外から窓を洗うこともできず、窓の外側は汚れたままだった。

エレベーターもないいつものホテルに泊るのは窓が大きく、ベランダにもでれるので、外から窓を拭くこともでき、常に大きな窓でカーテン開けてバルコニープレイもできるから、という点が大きい。

ベランダで全裸にして立ちバックはLadyboyではきついので、女の子相手に限定されるが。

壁に大きな鏡があるのも、自分的にはイログロのフィリピーナとなまっ白い自分の肌の対比を客観的に見れるので大好きな点だろう。

工事が終わればまた泊ってみたいがこの時点ではまだ工事中だった。


この時気に行ったのがフィールズアベニューの入り口側にあるちょっとした屋台が集まったスペース。

そこではフライドライスに取り肉とか豚肉とか、ミックスとかウインナーが大量に乗せられた料理が安価で食べれる。


下手にココモスとかで食べるより安価で量も多いのだ。しかし客層はどう見ても欧米人ではなく現地人ばかりだった。

食事代が割と高いアンヘレスではここで食べるのもいいだろう。



しかし今回は、あまり長井できない。

アンヘレスはマニラへのちょっとしたより道であり、一泊でここは引き上げ、最後はマニラ発の便に乗るために、マニラに2泊する予定だったからだ。

ココモス裏のフライザバスに翌日のマニラ行きのバンを予約して、自分はホテルの部屋内でゆっくりした。

さて、一息ついたらいつものバーへ行くかな。



【関連する記事】
posted by STREET・F at 16:28 | Comment(0) | 2020年 3月 フィリピン後編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。