2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2019年12月24日

インドネシアの情報がまるでない

市民図書館のガイドブック(地球の歩き方)等もインドネシアの本はほぼなく。

しかしバリ島に関しては大体どこもそろっている。


しかしバリはインドネシアに比べるとヒンドゥー教でバリ島でしか通じない方法はジャカルタで通用するとは限らない。


なのでインドネシアの情報はまるで持ってなかった。今(ブログを書いている時点)も行ったことはあるが、よく知らないと言った感じ。


ホテルにチェックインした時もタイと同じようにワイ(合唱)をされた。

あれは仏教国ならではの方式と思っていたが、イスラム教が主流のインドネシアでも通じるのだろうか?

コンビニの人もスカーフをかぶり。髪を出さないという感じ。

ホテルのレセプションはホテル選びが良かったのか。親切でインストールできないGrubのアプリを入れようとしてくれたが。なぜか彼女の顔では認証できるのに自分の顔は認証してくれない。

アプリが悪かったのだろうか?しかしこのホテルはホテルから出るとホテルスタッフがブルーバードタクシーをホテル敷地内に入れてくれるので非常に楽だった。


夜になると片側3車線か4車線の大きなマンガサベールの道の一番路肩の道が屋台がずらーっと並ぶ。

食べてみたかったのだが。胃腸が弱い自分は貝等にあたってしまうかもしれないので、ジャカルタ滞在中はもっぱら食事は近くにあるラーメンの店かコンビニと言うことになった。

コンビニは日本語や英語で日本でよく売ってあるものが売っているのでタイよりはまし。

タイで困ったのは、タイ語で書かれた具材のおにぎりなどは自分は読めないから。


そしてロサカリプラザまで行って、そのモールにあるファーストフード店でハンバーガーを普通に食べたりしていた。



_MG_0096.JPG




店内が普通に暗かったのでISO感度を上げてレタッチソフトで編集してもこんなものだった。


やはりノイズが多くて荒いですね。


このあとそのままISO感度をあげたまま撮影していたのですべてノイズが多い写真となってしまった。





【関連する記事】
posted by STREET・F at 02:02 | Comment(0) | 2019年 9月 ジャカルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。