2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2019年10月24日

パタヤ soi6

バンコクで一泊した後は何もなく、いつもの方法でバスに乗りパタヤに着いた。

今回泊ったホテルはトゥイートトゥイート ホテル。

トゥイートトゥイートとは鳥の鳴き声のようだが、その名の通り鳥かごのようなソファーがあって、部屋は日当たりはないし窓も小さいがかなりの広さ。あとクイーンサイズのベッド。

イースティニーがつくグループのホテルに泊りたかったが、なぜか今回パタヤで抑えようとするとイースティニーのホテルはあるものの。一切引っ掛からない。

なぜだろう、ladyboy不可と言うことで人気が出なかったのか、イースティニーセブンも引っ掛からない。サンシャインレジデンスかここしか引っ掛からなかったので。サンシャインレジデンスは以前泊ったので、今回はこちら。

朝日は望めないし部屋内は暗いが、寝るだけなので冷蔵庫とバストイレの水回りが清潔なら後はどうでもいい。


ドアを開けて部屋に入る時は鳥の鳴き声までする。割とオシャレ、あとここは日当たりさえ望まなければ女性にはいいかも。

と言うのは洗面台を隔ててシャワーブースとトイレが分かれている。

シャワーとトイレが一緒がダメという人には向いているかも。


そして日が暮れた時間にsoi6へ。




DSC_0045.jpg




これだ、やっぱりパタヤのバービア群、soi6は最高に面白い。

これだけの女がずらり、夜だからかどこの女も呼びこみが激しい。

自分は長時間ここにはいないが。

ビリヤードして女の子とおしゃべりするためにここにはよく来る。

ビリヤードさえできればどのバーでも、どの女の子でも構わないので、割とビーチロードに近い半オープンのバーに入る。
半オープンが好きなのは解放感。

また部屋内と仕切られてないので女の子が上に強引に誘おうと言う人は少ない。

エアコンが効かないが、その分ファンは回っている。


そこでこの子とビリヤードで対戦。



DSC_0044.jpg




スマホで撮ったのであまりよくない写真だが、日本に居る友人にこの写真を送ったところ。

「女と密着しているのがイイ。」と言われた。

「まあ客商売なのでこれぐらいの密着は普通だ」と返信しておいた。


軽く安価で写真撮影にも応じるキャバ嬢のようなものだ。


3戦やって全負けした。

拾うようなことはせず、そのままパタヤの解放感に浸って、soi7までソンテウに乗って帰った。


ホテルの間近にあるsoi7とsoi8のビアバー群が自分にとっては主戦場になる。

適当にコーラを飲んで、ここでもビリヤードで遊ぼうとしていた。





【関連する記事】
posted by STREET・F at 05:17 | Comment(0) | 2019年 8月 タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。