2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2017年05月28日

熱帯夜を歩く、帰国へ

パタヤからは空港に直で行けるタクシーに乗り、スワンナプーム空港まで、途中でガススタによってタクシーにガソリンを入れる。

安いメータータクシーは路上の店で予約できる。

ホテルからなら高級なシルバーのRV車で送迎もしてくれるが多少値段が高め。

車一本で空港まで行けるなら、どちらでも構わないのだ、貧乏性なので。


パタヤから2時間ぐらいで空港の出発ゲート4階に着く。


そこでチェックインカウンターが並ぶ中央を通ると、24時間、一つ100バーツで預かってくれる荷物預かり所があるのでそこで預ける。



2015_0504_010401-IMG_3373.jpg




このPとQのチェックインカウンターの奥にある。


これで身軽になった。

いつものヤワラーでいつものこれまた毎回会えるオバサンと再開。


今回はタイ到着時に直でパタヤに行ったために、この帰国日にしか会えない。


いつもと同じようにお土産渡して少し話して終了。この人づてにいろんな人と会えるのがチャイナタウンでの楽しみ。

もっと痩せていたり、若かったりしたらコスプレさせて遊びたい感じだが、それができないほど太ったオバサンなのだ。



そのあとはスクンビットへ行くとすでに暗くなっていた。


"サブウェイ"というコーヒーショップでコーヒーにクリームを載せた甘いものを頼みたかったが、すでにカウンターの入れ物が空になって、ほぼ品切れだったために仕方なくマックで購入。



2015_0503_212441-IMG_3367.jpg




そのあとは他から頂いた情報でビーフシチューがうまいと有名なナナホテル近くのレストランかカフェの"バスストップ"へ。



2015_0503_220003-IMG_3370.jpg




メニューを見るまでもなく、ビーフシチューを注文。



2015_0503_220423-IMG_3371.jpg




某サイトでは絶賛されていたが、食べていって深くなってくると底にたまったグリンピースの味が濃くなってくる。

別にグリンピースが食べられないわけではないが、それがここまで濃縮されてくると味も染みすぎてイマイチだった。

まあそこまで文句も言えないか、他人からの情報なので。


確かにおいしいが自分の口には合わなかったというだけ。



それからは良い時間帯なので路上に開くアフリカンバーで会話して楽しむ。



充分連れ帰れるレベルの女性なのだが、遊べるほどの時間は無い。

胸が大きく愛嬌がある女性だったが自分には空港に戻らなければならないリミットがあるために見逃した。



再び空港にBTSとエアポートレイルリンクで戻る。


空港のラウンジは大きく目立つ場所にタイ航空だけのラウンジがあった。

しかしそこはプライオリティパスでは入れず、おそらくタイ航空のビジネス以上のクラスだけ専用だろう。


そこから各ゲートへ行く交差点のような場所から、一つ下の階へ行くエスカレーターに乗ると、プライオリティパスで入れるラウンジがあった。

中でスマホを充電し、SIMトレイを日本用に入れ替える。

そして大量に飲み物を飲み、食べ物は2種類のサンドイッチぐらいだが、自分の好きなツナサンドがあったのでそれを大量に食べた。


自分が乗る予定のゲートがオープンになったのラウンジ内のモニターで確認してからゆっくりとラウンジを出てゲートへ向かう。

チェックインカウンターと同じく、ゲートオープンしてからも長蛇の列が履けるまでかなり時間がかかるのでこれぐらいにゆっくり行くのがちょうどいい。

予想通りゲートには後10人ぐらい並んでいる状態で到着。


プライオリティパスを手に入れてからの待遇の良さだった。

これなら例え上海などで長時間待たされても余裕だろう。

やはり旅行者にはこのパスを持つことをオススメする。


以上で2015年、GWのタイ旅行は終了です。

次は2015年6月スペインの旅行記になります。


プライオリティパスの有効性を知った方は
↓にクリック。


にほんブログ村

タイ旅行 ブログランキングへ


【関連する記事】
posted by STREET・F at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年 4月 タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。