2013年12月以降の旅行記になります。それ以前を見たい方はこちらへ
STREET・Fの世界に出よう!season1


カテゴリ
2017年04月24日

タイの祝日

翌日が休みなのは本当だったようで、その日は朝から街をぶらつくが、何処も店はほとんど閉まっている。

祝日は王妃か王女の誕生日。

タイの国王は国民に尊敬されているので、その関連の休日はきっちり守るようで、たくさんあるマッサージ屋も閉まっていた。


しかし旅行者にとってはタイが休日だろうと関係ない。

ホテル近くからビーチへ行ってみた。


2014_0812_133319-IMG_2593.jpg



雨季だがその日も良い天気。


青い空と同じぐらい青い海。


白い雲。


熱気。


波の音。


他に何もなくていい。

これこそバカンス

とてもいい気持ちだ。

日差しは強いがパラソルは無い。

しかし上には椰子の葉の屋根がある。


2014_0812_133804-IMG_2594.jpg



ビーチに座って寝転ぶのもいい感じ。

休日なので数は少ないが売り子もいるので100バーツで借りれる茣蓙を下に引いてその上に寝転んだ。

サンベットやパラソルはやはり禁止らしい。

しかしその分人工的なものが目に入らず、外観を気にした対処だろうか。


サンベットやパラソルが好きな人はホテルにはあるのでそこへ行くのだろう。

ホテルのプールも良いが、人が少ないビーチも良いものだ。


欧米人にもタイの休日は関係ないらしく、ビーチを歩いていた。


2014_0812_140111-IMG_2603.jpg



女性一人でビーチを歩く水着のファラン。

女性一人旅も多く見る。しかし日本人等は常に複数、単独の日本人女性は見ないのは個人主義な欧米。

閉鎖的で排他的、日本人だけで固まりたがる日本との文化の違い。


半日ほどビーチで日焼けして、再び街を歩く。

すると昔の事故を思い出させるものを目にした。


2014_0812_165903-IMG_2607.jpg



例の映像は何度も見た、信じられないほど巨大な津波がプーケットを襲った大惨事。

人事ではすまされない。

地震による津波は数年後、日本の東海も襲っているのだ。

そこまでは表示通り北へ行けば見れるだろうが、そんな気にもなれず、ホテルへの道を歩く。


ホテルへの裏道へのバーの並びはこのような看板が立っている。

夜は暗くて見えなかったが、昼は明るいため良く見える。

 
2014_0812_165908-IMG_2609.jpg



しかし昼間のバーは椅子が全部テーブルに上げられ、誰もいない場所になる。



その日の夜……

一応歩いてみたがバーは全部クローズのまま。

バングラ―オも歩いてみたが開いてるのはコンビニぐらい。


2014_0813_004209-IMG_2613.jpg



歓楽街なのに夜に店がほとんど開いてない状況は初めて目にした。


ブログを見て気付いたが、ここ数年のお盆休みは全てフィリピン。

タイには8月に訪れたことはほぼない。

ということなのでこの年の8月はタイで過ごしたために、こんな休日にぶつかったのだ。

だからだろう別に新鮮さも覚える。

……2015年のお盆休みもタイだ。

同じような日にパタヤも全店閉まるのだろうか?

タイの祝日の休みを知った人は
↓にクリック。


にほんブログ村

タイ旅行 ブログランキングへ
【関連する記事】
posted by STREET・F at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年 8月 タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする